海外旅行でタクシー代を安く済ませるコツ

海外旅行でもっとも不安に感じるのが、空港に着いたあとの入国審査・荷物の受け取り・当日宿泊するホテルまでどうやって行くかということではないでしょうか。入国審査では、かつての社会主義国では入国カード一箇所でも不備があると、つっけんどんに突き返されることがありました。そして、書きなおしをしなければならないこともあったようです。
アメリカの入国審査も本当に厳しく、荷物はひとつひとつ丹念に調べ上げられます。無事に入国することができれば、次に待ち構える関門は市内への移動です。空港が市街地の近くにあり、エアポートバスや電車で行けるようなところなら問題ありません。しかし、交通手段がタクシーしかないところもあります。そして、そのような国の空港に限って、エアポートタクシーというのは高いものです。また、ボッタクリが行われるのも空港にいるタクシー業者たちということが多くあります。そのような時、皆さんはどうしますか?初日で疲れているからと金に糸目をつけず、高いタクシー代を払って市内まで行ってしまいますか?空港からのタクシーで、もっとも安く済ませる方法がひとつあります。それは、出発ロビーに行き、市内から客を乗せてきたタクシーをつかまえるという方法です。
彼らは空港にたむろするタクシーではないので、なんだかんだ理由をつけて旅行者から金を巻き上げるようなことはほとんどありません。交渉制ということもなく、普通に市内まで行ってくれます。また、簡単に空港の敷地の外に出られる場合、敷地外に出てタクシーを拾うというのもひとつの方法です。海外だからといって、高い料金を払わされるのはけっこう屈辱です。少しでも安く済ませることを考えて行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です